logo here
logo here
ZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoomZoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom
Zoom

立像; 像のベース; サモトラケのニケ

日付: 時代:ヘレニズム創造の場所:ロードス(?)発見の場所:サモトラキ島パレオポリス-1863(カビリオン)
在庫番号: エントリー番号:NIII 2447エントリー番号:MNB 2118エントリー番号:MNC 1433カタログ番号:Ma 2369
コレクション: ギリシャ、エトルリア、ローマの古美術部門

説明

オブジェクト名/タイトル: 宗派:像; 像のベース使用タイトル:サモトラケのニケ
説明/機能: ナイキ(キトン、ベルト、ヒマティオン、ハーフドレープ、ウィング、展開、ポーズ、オン); ベース(船のような形:船首、着陸、上); 台座(長方形)作品の状態:彫像:頭と首、2本の腕、胸像の左部分と後ろ、右翼、右足、左ふくらはぎと左足、下後ろの破片のカーテン(カーテン)。 ベース:前部のブロックのすべての端を差し引いた-他のブロックのいくつかのギャップ-後部の上部座席の中央のブロックを差し引いた(サモスレース博物館に保管)修復:彫像:やり直し(左胸、領域ベルトの、バストの後ろ、右翼、石膏で)-現代のアセンブリ(翼の金属フレーム)-接着(右膝、カーテンの破片と左翼の多数)-修復(2002)。 ベース:やり直し(上席の前)-接着(いくつかのブロック)-完了(ギャップ、セメントと石膏)-完全な修復(2014年、彫像とベースの間のブロックを削除)
登録: 碑文:アルファ、ベータ、ガンマ、3デルタ、タイルを識別するためにベースに刻まれたイプシロン言語:ギリシャ語テキストの性質:マーク(テキストの内容)

体格的特徴

寸法: 高さ:275cm; 高さ:36 cm; 高さ:511 cm; 高さ:200cm
材料と技術: 素材:大理石(パロス大理石(彫像)-ラルトス(船、台座)の灰色の大理石)技法:円形(彫刻)、彫刻技術的精度:彫像:胸像と翼は別々に機能し、報告されています-追加された要素(背中と地面)-追加された要素(トレース、右腕、左の子牛、右足、カーテンの接合面)。 ベース:3つのコースにまたがる16ブロック。 ベース:6つの並置されたタイル

場所と日付

日付: 期間/期間:ヘレニズム
原産地: ロードス(?)
発見日: 1863年
発見の場所: サモトラキパレオポリス-1863年(カビリオン)

歴史

コレクター/前の所有者/コミッショナー/考古学者/献身者: シャンポワ、シャルル・フランソワ(発掘調査)
買収の詳細: デボルブ
取得日: 博物館への到着日:1864年博物館への到着日:1879年博物館への到着日:1891年
が所有している: 状態
に保持されています: ルーヴル美術館、ギリシャ、エトルリア、ローマの古代遺跡

インデックス

オブジェクトの場所| 現在位置: デノン、[AGER] 703号室-サモトラキ島の着陸、703号室-東の上の階

参考文献

  • マルチネス、ジャン=リュック; フィレンツェのダイネット。 小さなギャラリー4:泡の中の考古学。 [展示会、パリ、ルーブル美術館、2018年9月26日から2019年7月1日]。 パリ、ルーブル美術館; しきい値、2018年。188p。、、 P。 :164-165
  • フランソワ・ケイレル。 ヘレニズム彫刻。 1、フォーム、テーマ、機能。 Paris、Editions A. and J. Picard、2016。432、ISBN:9782708410077.、p。 :46、86、97、102、187-192、209、235、275、355-356、pl。 35
  • ラウジエ、ルドビッチ。 「ルーヴル美術館のギリシャのコレクションにある小アジアのビー玉:最近の分析結果」。 で:モンテル、ソフィー(編)。 小アジアのギリシャローマ彫刻。 合成と最近の研究。 [ブザンソン国際会議、ブザンソン、2014年10月9-10日]。 ブザンソン、フランシュコンテ大学出版局、2015年。、p。 :258-260
  • ラウジエ、ルドビッチ。 傑作を再発見してください。 グランドギャラリー、ルーヴル美術館、2015、31、、p。 :80、81
  • ラウジエ、ルドビッチ; ダニエル、アイブル。 修復の冒険。 サモトラケのニケ。 グランドギャラリー、ルーヴル美術館、2014年、28 、、 p。 :18-21
  • マルチネス、ジャン=リュック。 サモトラケのニケの復活。 2013年から2015年の記念碑の研究と修復の国際プロジェクト。 AcadémiedesInscriptionsetBelles-Lettres(CRAI)、2(4月から6月)のセッションのレポート。 2014 、、 p。 :933-948、図。 1
  • ベルンハルト、ヨハネスクリスチャン。 Das Nikemonument von Samothrake und der Kampf derBilder。 シュトゥットガルト、フランツシュタイナーヴェルラグ、2014年。、p。 :1-17; 37-44、1; 2; 3;
  • マルチネス、ジャン=リュック; ラウジエ、ルドビッチ; ハミオー、マリアンヌ。 サモトラケのニケ。 歴史、聖域、修復。 グランドギャラリー、ルーヴル美術館、2013年、25 、、 p。 :22〜35
  • LadreitdeLacharrière、マルク。 サモトラケのニケが動いています。 グランドギャラリー、ルーヴル美術館、2013-2014、26 、、 p。 :20-23
  • ホルツマン、バーナード。 ギリシャの彫刻。 パリ、LibrairieGénéraleFrançaise、2010年。448p。、ポケットブック、参考書、P。 :300、n°92
  • パラジア、オルガ; ウェストコート、ボナダイクス。 Samothracianのつながり:James R.McCredieに敬意を表してエッセイ。 オックスフォード、古典研究のアメリカの学校、2010年。、p。 :154-164
  • マルチネス、ジャン=リュック。 ルーブル美術館のギリシャ。 パリ、ソモギ/ルーヴル美術館、2010年。192ページ、P。 :171
  • ハミオー、マリアンヌ。 「サモトラケのニケ」。 2007.、
  • Pasquier、Alain; マルチネス、ジャン=リュック。 ルーヴル美術館のギリシャ彫刻の傑作100点:ルーヴル美術館、ギリシャ、エトルリア、ローマの古代遺跡部門。 パリ、ソモギアートエディション:ルーヴル美術館エディション、2007年。、p。 :186-189
  • ハミオー、マリアンヌ。 サモトラケのニケ:基地の建設と再建。 AcadémiedesInscriptionsetBelles-Lettres、FondationEugènePiot、2006、85、、22037によって発行された記念碑と回想録
  • ゲッツ、アドリアン。 ルーバー。 対面する芸術。 パリ、ハザン、2005年。、p。 :6; p。 256-257、図。 4; 図。 434
  • ドノウエ、AA。 ギリシャの彫刻と記述の問題。 ケンブリッジ、ケンブリッジ大学出版局、2005年。、p。 :143-154、2、13、21-24
  • ハミオー、マリアンヌ。 サモトラケのニケ-彫像の技術的研究。 AcadémiedesInscriptionsetBelles-Lettres、FondationEugènePiot、2004年、p。 :61-129、図。 1-89
  • アンドレーア、バーナード。 ヘレニズムの彫刻。 ミュンヘン、ヒルマー、2001年。、pl。 92、93、p.118、119、図。 79
  • ハミオー、マリアンヌ。 サモトラケのニケ:発見と回復。 Journal des Savants、2001、、153-223
  • リッジウェイ、ブルニルデシスモンド。 ヘレニズム彫刻。 2、約のスタイル。 紀元前200-100年。 2000.、pl。 48
  • Dybkjaer、イェンス(編); フィッシャーハンセン、トビアス; フィッチ、ヘンリック; モルテセン、メット; Waaben、Karin、Graesk Kunst、コペンハーゲン、Gads Forlag、1999年。、p。 :238-239、300
  • ハミオー、マリアンヌ。 ギリシャの彫刻。 II、ヘレニズム時代、紀元前3〜1世紀。パリ、1998年。、p。 :27-32、n°2
  • Daumas、Michèle。 Cabiriaca:Cabiresのカルトの図像に関する研究。 Paris、de Boccard、1998.、p。 :255-256、pl。 24.1
  • アンドレーア、バーナード。 Schönheitdesrealismus:auftraggeber、Schöpfer、Betrachter hellenistischerPlastik。 Mainz am Rhein、P。von Zabern、1998.、p。 :113-118
  • ハミオー、マリアンヌ。 サモトラケのニケ:彫像の組み立て方法(情報)。 碑文文芸アカデミーのレビュー、1998年、p。 :367-377、図。 1-8
  • パラジア、オルガ; コールソン、ウィリアムDE。 ヘレニズム彫刻の地域の学校:1996年3月15〜17日にアテネのアメリカンスクールオブクラシカルスタディーズで開催された国際会議の議事録。オックスフォード、オックスボーブックス、1998年。 :157-165
  • Knell、Heiner。 Die Nike von Samothrake:Typus、Form、Bedeutung und Wirkungsgeschichte eines rhodischen Sieges-Anathems im Kabirenheiligtum vonSamothrake。 1995.、
  • シュミット、インガ。 HellenistischeStatuenbasen。 1995.、図。 171-173、n°X5
  • モレノ、パオロ。 Sculturaellenistica。 2、ローマ、Istituto poligrafico e Zecca dello stato、1994.、p。 :366-369、図。 467
  • スミス、ローランド。 ヘレニズム彫刻:ハンドブック。 1991.、図。 97
  • ポリット、ジェロームジョーダン。 ヘレニズム時代の芸術。 1986.、図。 117
  • ハスケル、フランシス; ペニー、ニコラス。 古代、ギリシャローマの彫像、ヨーロッパの味を愛するために、1500年から1900年。 1981.、p。 :368、図。 117、no.180
  • リンフェルト-ライヒ、アンドレアス。 Kunstzentren hellenistischer Zeit:Studien a weiblichenGewandfiguren。 Roma、 "L'Erma" di Bretschneider、1976.、p。 :83-86
  • リーマン、フィリスウィリアムズ。 サモスラシアンの反省:骨董品の復活の側面。 1973.、p。 :181-199
  • ハブロック、クリスティンミッチェル。 ヘレニズム美術、1971年、、 p。 :136、137、n°123
  • ハーマー、マックス(編)。 フックス、ヴェルナー。 Die Sculptur derGriechen。 1969.、図。 250
  • リーマン、カール。 サモトラキ島:発掘調査と博物館へのガイド。 フリブール、JCB Mohr、1966年。、p。 :76-79
  • ギル。 Journal des Savants、1965、63、、57
  • シャルル・シャンポワ。 Gazette des beaux-arts、1963 、、 p。 :251-255
  • シャルボノー、ジャン。 ルーヴル美術館のギリシャとローマの彫刻。 Paris、EditionsdesMuséesNationaux、1963年。ビジターガイドのコレクション、3、p。 :205-206、図。
  • ビーバー、マルガレーテ。 ヘレニズム時代の彫刻。 ニューヨーク、コロンビア大学出版局、1955年。、p。 :125-126、図。 493-496
  • シャルボノー、ジャン。 サモトラケのニケの右手。 ヘスペリア。 Journal of the American School of Classical Studies at Athens、21。1952 ,, p。 :44-46、pl。 12、13
  • ブリンケンベルグ、クリスチャンソレンセン。 Lindiaka、VII:Triemiolia、Rhodian船のタイプに関する研究。Copenhagen、Levin&Munksgaard、1938.、p。 :37-40
  • Pfuhl、Ernst。 JahrbuchdesdeutschenarchäologischenInstituts、1932、42、、70-76
  • ティエルシュ、ヘルマン。 ニーケー・フォン・サモトラケ、アイン・ロディッシュ・ワーク・ウント・アナテム。 1931.、p。 :337-356
  • ミション、エティエンヌ。 ファミリーレビュー、1892、9、、516-533
  • ライナハ、ソロモン。 プラクシテレスのディオニュソス。 Gazette des beaux-arts、1891、2、入手可能性:https://archive.org/details/gazettedesbeauxa35umass。 ISSN:0016-5530。、P。 :89-102、図。
  • コンゼ、アレクサンダー; ハウザー、アロイス; ベンドルフ、オットー。 Neue archeologische Untersuchungen aufSamothrake。 Wien、C。Gerold、1880.、p。 :55-75、pl。 61-64
  • シャルル・シャンポワ。 サモトラケのニケ。 考古学レビュー、1880 、、 p。 :11-17、pl。 2
  • ヴィルヘルム・フローナー。 ルーヴル美術館のアンティーク彫刻のお知らせ。 パリ、1869年。520p、、 p。 :434-435、n°476
  • クラマー。 Stilphasen der hellenistischenPlastik。 MitteilungendesDeutschenArchäologischenInstituts。 Ab。Rom、1923-1924、38-39、p。 138-185。 、p。 :151-152